【おっさんずラブ】映画クランクイン!公開は2019年8月23日!ドラマ分析〜純粋な愛と本能の話〜

 

おっさんずらぶ。

かなり話題になったドラマですね。

ギャグドラマと思っていたのですが話題になっていただけある面白いドラマでした。

放送が終了した今も聖地巡礼などでファンは賑わっているようです。

映画化が決定し、本日クランクインしました!

公開は2019年8月23日ですが、私も今から楽しみです!

リアルタイムで見てはいませんでしたが、全話見終わって、私も春田ロスになった1人です。

久しぶりにハマったドラマでしたので、分析してみました。

なぜ女子に人気だったのか?

 

簡単に言えば男性同士の恋愛(ボーイズラブ)のお話。

私には身近ではなかったのですがツイッターやネットでも様々な記事が出ており、女性からの高い支持が目立っていました。

とにかく登場人物が可愛い(見た目ではなく中身)、女子より女子、純粋すぎるなどという反応が多くありましたね。

ドラマのなかに女子萌えポイントが盛りだくさんであったことも原因ではないでしょうか?

私は毎回はるたんにきゅんきゅんしっぱなしでした。

紐解いていくと、この人気は同性間の恋愛は男女間の恋愛よりも純粋であることから女子がハマりやすいとのことでした。

もちろん男女間でも純粋な愛は存在するとは思いますが、今回は違った観点の愛のお話をしようと思います。

 

男性も必見!モテに必要な要素もあります!!

純粋な愛の分析の前に、ちょっと言わせてください。

女子向けのドラマである事は間違いありませんが、おっさんずらぶで田中圭の虜になってしまった女子が大量生産されたと思います。

だってはるたん(役名)可愛すぎる・・・

そのご私は田中圭のドラマだけでなくゴチになりますも見始めました。

この記事をみている男性は以下のポイント(私の個人的意見)を押さえると女子からの好感が上がる事間違い無しです。

 

 

田中圭演じる春田(はるたん)

・人が良く仕事に一生懸命

・ご飯を美味しそうにいっぱい食べる

・脱いだら程よく身体が引き締まっている

・生活能力は無いが甘え上手(やってあげたいという気になる)

 

吉田鋼太郎演じる黒沢部長

・身だしなみ、持ち物も素敵で立ち振る舞いが大人な男性

・社会的立場もあり強面だが中身が乙女で最強のギャップ

・見た目から想像が付かない程相手に尽くす

 

林遣都演じる牧くん

・仕事ができる上、実は家事や料理も得意

・自分の幸せより相手を思いやる

・どこか影がある

 

 

男性の皆様は是非参考にしてください。

田中圭の食べっぷりは気持ち良くて作ってあげたい!!と思わせてくれます。

ゴチを見てください。

 

 

子孫繁栄という生物の本能に反するBLは純粋な愛

では本題に入ります。

生物には自分の遺伝子を残すという本能が備わっています。

動物でも、植物でも、人間でも、絶滅しない為に備わっている本能です。

これに基づけば人間の男女間の恋愛は最終的に子孫を残すという”隠れた目的”が存在するという事になります。

しかし、同性間においては100%二人の遺伝子を継ぐ子孫を残す事は不可能です。

子孫を残す“目的”がない事からパートナーそのものを愛すことが出来る同性間の愛は純粋なのだという意見に繋がるんですね。

 

異性間の愛につきまとうもの

生きていくと純粋な気持ちでいることは難しく感じます。

私の話になりますが、パートナーとの2人の生活を楽しみたいと思っていた矢先、

「年齢も考えると、早めに子供が欲しい」

そう彼に言われました。

 


・子供を作るという目的が出来る

・タイムリミットがある(高齢出産のリスク回避)

 

自身の遺伝子を後世に残す事はもちろん、良質な遺伝子を残す為には若く健康であるうちにという期限まで付いてしまいました。

分かっています。

性行為は本来、子孫を残すための行為です。

私はまだ子孫を残す為の性行為について考えた事はありませんでしたが、今後の事を考えると彼を愛して純粋な気持ちではセックスさえも出来ないことに気付きました。

好きな時に好きな様に愛し合って子供が宿り、若く体力のある時に健康な子供を産むのは簡単なようで実は難しいことです。

思うように子供が出来ないと不妊治療が始まり、行為自体も日時まで決めて、精力増強や子供が出来やすい為に食べる物や習慣を変える。

その為金銭的負担が増える・・・

 

 

 

はて、純粋に愛し合うとは・・・?

 

 

 

 

まとめ

子孫を残すには考えるべき、やるべき事が多くなっている印象です。

遺伝子を残すのは大変な事なんですね。

大変な事を乗り越えることで愛も育つとは思いますが、愛すべき対象や負担も増えてしまっています。

対照的に同性間ではパートナーのみを愛すことに集中できます。

余計な事を考えずに、純粋な目でパートナーを見る事が出来る。

純粋な愛とはシンプルな思考から産まれるのかもしれませんね。

 

同性間の恋愛では異性間とは違った悩みや考えるべき事もあるとは思いますが、2人だけの愛を育めそう。

 

 

以上、おっさんずらぶから学ぶ、真実の愛について。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

なな

コメントを残す